会社の飲み会に参加するメリット・デメリットってなーんだ?

会社の飲み会に参加するメリット・デメリットってなーんだ?
Pocket

会社の飲み会ってめんどくさいと思いませんか?

ぼくはめんどくさいと思います。

年末年始には忘年会。年度初めには決起会等々……。
様々なシーンで会社の飲み会というのはやってきます。

また、飲みニュケーションという酒の席で思い浮かんだような造語をおっさん上司が振りかざして「今俺は部下のために良いことをしてる」と勘違いさせる昨今。
非常に迷惑ですよね。

ただ、一見……どころか百見くらい迷惑な飲み会ですが、
世の中無駄に見えることが実は無駄じゃないこともあるので改めて考えてまとめてみました。

飲み会に参加するメリット

普段関わらない人と話せる

まず、第一に挙げるとしたら話す機会がない人と話せるということではないでしょうか。

なんとなく苦手なイメージを持っている人も、話をみたら実はいい人だったり、
趣味や住んでいる場所が同じだったりと共通点が見つかるかもしれません。

話かけて仲良くなれれば後日、仕事のことで相談があったりした場合に相談しやすくなります。

上司の評価が下がらない

とりあえず飲み会に参加しておくだけで、「おっ、こいつはノリがいいな」とか「飲みニケーションに応じてくれた」等、上司が勘違いしてくれます。
ただ、これは上司からの飲み会で評価が上がるのではなくあくまで据え置きです。世代によっては出るのが当たり前なのですから。

出ないと評価は下がりますので会社に忠誠を誓っている人は出た方が良いでしょう。

たまにただで飲み食いできる

ごくごく稀にですが、会社の経費で飲みをできる場合があります。

めったになりですが、そんな時は全力でただ飯食らいまくりましょう。

飲み会に参加するデメリット

疲れる

もしあなたが下の立場である場合、非常に気を遣うことになるでしょう。
グラスが空いたら何を飲むか聞いたり、食べ物の皿が空いたら食べ物を……。
さらには上司が気持ちよくなるように話を盛り上げたりしなくてはなりません。

無礼講だと言われても上司はお客様なので丁寧に対応しないと後日怒られます。

全く心が休まりませんね。
体育会系の方であれば慣れている部分もあるでしょうか、そうでない方は大変です。

また、気遣い以外にも翌日に仕事がある場合は辛いものになるでしょう。
体力的にも精神的にもとても疲れてしまいます。

時間がなくなる

一日の仕事が終わってこれから自分の時間……。
と思っていた矢先に上司から飲みの誘いが。

少ない自分の時間とお金を上司の苦労話を聞く会に使いたくねーよ!!
そんな時間と金はソシャゲに使うわ!!!

という方が結構な数いると思います。

ほんととその通り!!!

金がかかる

費用面でも負担が大きいです。会社での飲み会と言ってもお金は会社から出るわけではありません。
上司の財布から全額出るわけでもありません、大抵は割り勘です。

割り勘となると飲み会一回当たり3000円は飛んでいきます。
二次会やその先のことを考えると恐ろしくなりますね。

まとめ

会社の飲み会のメリット・デメリットについてまとめてみました。
会社の飲み会は時間とお金の両方を奪っていく上に気分が悪くなる。
というのがぼくの考えです。
また、ぼくは時間がめちゃめちゃ大事だと考えているので、お金がかからなくても、基本的には断ってます。
ですがなんだかんだで一人だけ、社内に尊敬している上司がいます。その上司から誘われたらたとえ苦労話等であっても聞きたいもので……その人がいる場合は参加するようにしています。

しかし部署変わってしまったので、自分が行きたいと思える会社の飲み会はなくなりました。
とても残念です。

余談ですが、会社外での飲みは好きです。

会社カテゴリの最新記事